共同生活で新しい自分をみつける

向いていない人

Posted on 17.03.10 by 管理人

他人と一緒に共同生活を送ることに不安を覚えない人はいません。誰もが不安を感じるのですから、それだけで、自分は共同生活に向いていないと決め付けることのないようにしましょう。ここでは特に向いていない人とはどんな人なのかご紹介します。参考にしてください。

まず挙げられるのは、ルールを守れない人です。共同生活スペースには、大抵何らかのルールがあります。ひとり暮らしではない場合、ルールがあったほうが生活の秩序が保たれるので、ルールのない共同生活の場を探すことは難しいでしょう。物件によりますが、例えば、冷蔵庫の食べ物すべてに所有者の名前をつける、キッチン用品は使ったら元あったところへ戻すなどの生活と関係のある細かいルールがあることは少なくないでしょう。それらのルールを窮屈に感じてしまうようだと共同生活は難しいかもしれません。

次に、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は、共同生活には向いていない可能性があります。個人の部屋はあるものの、扉一枚隔てた向こう側には他人がいるので、生活していると、相手にこうしてほしいと要求したくなる事柄がでてきます。そんな時、それを相手に伝えられるようでないと、自分のストレスが溜まりますし、問題も解決できないでしょう。